ケープタウンで野生動物に出会う

ケープタウンに滞在中、南アフリカ最大級の自然鳥獣保護区クルーガーナショナルパークへ行って来ました。

ケープタウンからヨハネスブルグ経由でファラボルワ空港へ。

ファラボルワ空港へは今回宿泊させて頂いたホテルLeadwoodの方がお迎えに。

国立公園と言っても、その敷地の広さはおよそ20000㎢なので東京都9個分くらいに相当します。

なのでほとんど自然の状態とも言えます。

ホテルは国立公園の中にたくさん点在していて、

どのホテルも動物が警戒しないよう、自然の中で全く目立たないように工夫されて作られています。

このホテルでは、みんなが静かにくつろげるよう同時に4組しか泊まれないようです。

 

 

 

ついてすぐにランチを用意して頂きました。

 

 

宿泊中、ワインはワインセラーから好きなのを選んで好きなだけ(一部の高いのを除いて)飲んでいいとのことでした。

 

 

 

 

今回3泊宿泊させて頂きましたが、ホテルの人曰く最低でも5日間くらいは宿泊するべきだと言っておりました。

同じ時期に宿泊していたドイツ人夫婦は5泊していました。

ゆっくりと自然の中でくつろいで、多くの動物に出会うためにはそれくらい必要なのかもしれません。

 

到着して翌朝、動物が起きて行動する5時半くらいに合わせて探検開始。

広大な敷地の中を四駆でゆっくり進んでいきます。
ガイドの人が他のガイドの人達とトランシーバーで動物発見情報を共有して動物達を探します。

この車の左側に乗っているお兄さんは動物の足跡を見つけ、動物がどっちにいったかを推測します。

目もかなりいいいようで、遠くの方にいる私たちには到底見えないものも見えてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

動物に出会うのはあまり簡単ではなく、かなり注意を払いながら探して進みます。

時には見つからなくてただひたすら車を走らせるだけの時もありました。

 

 

 

 

動物園で小さい檻に入れられている動物とは表情や毛並みだちが全然違う気がします。

 

 

 

 

美人さん。

 

 

 

そんな中ライオンの交尾のシーンはかなりの確率で遭遇しました。

ライオンって短い時間の間に何度も交尾をするんですね。

 

 

 

 

 

このやったった感半端ないです。笑

ライオンは一夫多妻制で、オスライオンはすごい数の戦いの中で勝ち抜いて来ているので、

自信に満ち溢れちゃうのも自然の摂理のようです。

 

 

それにしてもすごい迫力です。

ちなみに毎回メスライオンから煽っていました。

 

 

こちらもまたかなりの頻度で交尾していました。

 

 

 

 

寝てるところ可愛い〜〜

 

 

またガイドさんのキャラによってもツアー内容は変わってくると思います。

ラッキーなことにイタリア人のかなり楽しいガイドさんでした。

 

 

 

Share your thoughts