デンマーク人のニュートラルな人間らしさに触れて

デンマークに初めて来た時から今に到るまで、デンマークで生まれ育った人達の、
人としてのバランスが本当に素晴らしいなぁって、つくづく感じる場面がある。
これぞ “ニュートラルな人間らしさ” と言いたくなるような。

コンビニやスーパー、役所等の行政の場、郵便屋さんから家に配線の工事をしにきてくれる人まで、
みんなモラルと人間味があって、ゆとりがある。

素朴ながらも人間らしいコミュニケーションに毎回心が暖まる。
せかせかしたりイライラしている人を見かけることがない。
そういったネガティブな波動が一切無い。

言い過ぎに聞こえるけど、本当にそう。笑

デンマーク人は日本人と似ているところがあると言われているけど、それも確かにそう。
多くの日本人のように、真面目で勤勉でシャイ。さらにそこに、頭の良さとジェントルさを付け加えたような感じ。

国民性自体が、北欧デザインのように、洗礼されていて無駄がなく、個性的だけどどこか親みが持てるような、そんな感じ。
デンマーク人の口癖” Hygge” が至る所で話題になってるけど、国民性自体がHygge。
Hyggeはもともとはhugっていう言葉から来ているみたいで、抱擁するような、愛情深い感じ。

最近コペンハーゲンに住み始めてから5回目?の引っ越しをして、今まで家具つきの部屋に住んでたんだけど、
今回はほぼ何もない部屋を借りることになり、インターネットの契約から鍵の取り替え、
家具を買い揃えるまで全部自分でしなければならなかった。

コペンから撤退するときに家具は運びださないと思うので、”dba”を駆使して中古家具で揃えることに。

dbaはアメリカで言うところのcraigslist、日本で言う所のジモティー(他にもあるのかな?)のように、
直接のやり取りで、いらなくなったモノをあげたりもらったり、売買するコミュニティサイト。
出品者の人が携帯番号を掲載しているので直接連絡を取り合い、その人の家にモノを取りに行くんだけど、
そういう時でもみんなウェルカムな感じで、家にすんなり招き入れてくれる。
最初のイメージでは、マンションの入り口や玄関先でやりとりするのかな?と思いきや、
“上がってとりあえず見てみて、気に入ったら買ってね” という感じでみんなすんなり家にあげてくれた。
連絡もスムーズで、その日に連絡してその日のうちに取りに行けることも少なくなかった。

それが結構面白くて、さすがデンマーク、みんなインテリアのセンスが高いこと。
途中から買い物目的よりも、色んな家庭を覗きに行くのが楽しくなってきて、
お皿とかキッチン用具などのちょっとしたものも、全部そのコミュニティサイトを介して購入した

しかも探してたヴィンテージものとか、お店で見つからないものや、
お店で探すよりも簡単で安く見つかるので結構使える。

もちろん配送も対応してくれるのだろうけど、コペンハーゲンは本当に街がコンパクトなので、
どこでもすぐに自転車で取りに行けるので、そっちの方が早いし人間味がある。

dbaを介して訪問した家庭の半分以上は、もともと自分が抱いていたデンマークの家庭という感じだったけど、
半分くらいは、こういう人達もデンマークにいるのか。。という言葉では言い表せないけど、
自分がイメージしていたところからだいぶかけ離れた現実もあった。

それはあって当前のことなんだけど、自分が見えてる範囲ってどこまで行っても狭いなぁって。

世界で最も幸せな国と言われているデンマークだけど、昨年末は発砲事件もあったし、
ついこないだはNYから遊びに来た日本人の友達が、到着した晩、カフェで夜ご飯を食べていた最中にバックパックを盗まれた。

それってデンマークでは本当に信じがたいことで、地元の人達も信じられない、という感じだった。
しかも店内には、まるでお客さんのふりをして入って来て、バックパックを持って行ったみたいなんだけど、
私は目の前で見れたはずの位置に座っていたけど、全然気づかなくて。

デンマークでも日本同様、飲食店等でテーブルの上に携帯や財布を置いてトイレに行っても大丈夫、と思っている人の方が多い。

結局、親切なデンマーク人がとあるゴミ箱から友達のバックパック見つけて、
パスポートが入っていたから、名前をFBページで検索して、連絡して来てくれた。FBがこういう風に役立つとは。
無事に戻ってくるあたりがデンマークらしいなぁって。盗まれてへこんだけど、そんな連絡がきてちょっとハッピーにもなった。

macとペンケース(さすが日本の筆記用具はとるべきモノなんだなと感心)だけ抜き取られ、
あとは捨てられていたので、不幸中の幸いではあった。

パスポートは無くすと結構面倒なので、それだけでも戻って来て本当に良かった。
こうして無くしたものが戻ってくるところも、日本と共通している。

コペンハーゲンは他のインターナショナルな国に比べたら、そこまでインターナショナルじゃないし、
移民もそこまで多くないけど、国も小さいし国民も少ないので、
割合から考えれば充分にインターナショナルで、移民もそれなりにいるように思う。
どれだけ平和で安全な国でも、悪い人は潜んでいるし、若い子は悪気なく悪いことしちゃうし、
どこにいてもやっぱ身を引き締めて気をつけないとな、って。

特にアジア人って、スリとか詐欺に狙われやすい傾向があるように思う。
こないだ外国人の友達の間で、日本人は”妖精”のようだね!って。いい意味でも悪い意味でも。

日本人はどういうわけか金払いがいいと思われているし、隙があるからボラれる対象にもなりやすい。
中には日本に入ってきている海外のブランドで、日本での価格設定が他の国より高かったりするものもある。
それは日本人が簡単に高いお金を支払うって知られているから。

あと日本は安全だし色々便利すぎて、平和ボケしがちな国だから、
海外での旅行中もその平和ボケなまま来てうろうろしていると、
嗅覚の鋭い人達には隙きがあるのがバレちゃって、狙われる対象となる。

だからやっぱ、盗む方は絶対悪いけど、盗まれる方にも原因があるって、周囲を見ていて思う。

そんな自分もデンマークにいると平和ボケするなぁ、ってここ最近感じている。
あまりにも平和で快適で、植物にでもなってしまうかのような。もちろん幸せなことなんだけども。

NYとか大きな都市に住んでいた時は、毒を持っていないと戦えない環境だったから毒を持って生きていたけど、
デンマークのような平和で整った国にいると、違う理由で毒を持つ必要があるなぁって。
もちろん持たなくてもいいんだけど、私はやっぱ、持っていたい派。
そのほうが楽しいから笑 そしてもっと毒の質を上げていきたい。

平和ボケしかけの頭に、冷たい水をかぶるように目を覚させて、毒磨きに出かけたい。さてどこに行こう?

Share your thoughts