南アフリカのマザーシティー、ケープタウンへ

南アフリカはケープタウンに1ヶ月滞在しました。

モデルのマーケットって、NYとパリ、ロンドン、ミラノだけだと思ってましたが、

海外に出ていろんな人の話を聞くと他にも色々出てきて、だんだんいろんなマーケットに挑戦しに行くのが楽しくなってきて、

事務所も決まったことでケープタウンに滞在してみることに。

日本からだととても遠いですが、ヨーロッパからだと、日本からオーストラリアへ行く感覚で、時差もないし比較的行きやすい距離です。

ケープタウンは海や山に囲まれた、南アフリカの最南端に位置する街です。

 

おそらく、”アフリカ” からイメージされるイメージとはかけ離れていると思います。

南アフリカはもともとイギリスの植民地だったこともあり、

ヨーロピアン系アフリカンの白人の方がたくさんいます。

特にケープタウンは南アフリカの中では都会ということもあり、

白人と黒人が半々くらいの割合です。(私生活におけるざっくりとした体感ですが)

実際に南ア全体では白人は10%に満たないくらいのようですが、

自分の生活の範囲では仕事や遊び場に出かけた時に出会うのは白人の方と会う機会が多く

Uberやカフェなどでは黒人の方に会う確率が高かったです。。

あまり白人、黒人とかアジア人というくくりで説明するのは好ましくないですが、

ここではイメージしやすいように敢えてそのようにお話しさせて頂きます。

 

私が生活していて感じたアフリカンの第一印象は、
明るくて、自然体で、それでもって真面目で仕事熱心、という印象です。
うまく説明できませんが、モラルが高く、人としてのバランスがとてもいいように感じました。

ケープタウンは一年を通して暖かく、冬に当たる6-8月でも平均12度くらいなので、本当に寒い季節というのがありません。

1−3月の真夏でも、最高気温30度になれば暑いほうで、平均で20度くらいなのでそこまで暑くならない上に、
湿気がなくむしろ少し肌が乾燥するくらい、カラッとしています。

 

 

そんな気候もあってのことか、人がとても穏やかで、都会だけど都会特有の邪念が一切感じられません。
アリゾナはセドナに行った時と同じような、エネルギーの質の良さを感じます。
行ったことないですが、ハワイやニュージーランド、オーストラリアもこんな感じなのかな?イメージですが。

印象的だったのは、タクシーやお店、会社等でエアコンを使ってなかったり、
アメリカではホールフーズ、日本だと紀伊国屋等に値するスーパーマーケットでは、南アなので物価はもっと安いものの、
ケージフリーの卵やお肉、ファーマーズの野菜が気軽に買える環境があります。

道を歩いてると鶏がいたり。

 

街はそんなに大きくないので、車があればどこでも気軽に行けるし、何と言ってもUberがとても安いです。

だいたい中心部の移動はR20〜R40(150円〜350円)で済みます。もちろん、安全です!笑
電車やバスなどもありますが、Uberがあまりにも安くて快適なため、トライする機会はありませんでした。

 

母なる大地と呼ばれているだけあって、良いエネルギーが流れているのをひしひしと感じます。

到着してからいくつか抱えてた体の不調もスッと消えて、神秘の自然の力のすごさに感動しました。

 

 

 

ケープタウン関連の記事

ファーマーズマーケットinケープタウン

ケープタウンで生活してみた

自然動物に会いにin ケープタウン

2 Comments

Join the discussion and tell us your opinion.

ケープタウンの毎週末行っても飽きないお洒落ファーマーズマーケット | Whats up wiz lifereply
2017-07-01 at 00:12

[…] ・ケープタウンで生活してみた […]

ケープタウンで生活してみた 〜南アフリカ〜②reply
2017-08-04 at 05:33

[…] ・ケープタウンで生活して見た […]

Leave a reply